Hash λ Bye

Haskell, Clojure, MLなどの話

Haskell

GHCの中間言語Coreへの脱糖を覗き見る

Haskell (その3) Advent Calendar 2017 11日目の記事。(予約投稿知らなかったのでフライングになった) GHCがコンパイルの途中で中間表現として用いるCoreの生成っぷりを観察する。 観察して、あーはいはいなるほどね(わかってない)、と言うだけになりそう。 …

SMLの関数適用を構文解析する時の問題

まだ構文解析器で苦労している。 今回も詰まっているのは構文のconflict。 問題 これが関数適用 app : exp exp これが二項演算子適用 infixapp : exp vid exp この時に入力を x y z とすると2つの解釈ができてしまうことになる。 ((x y) z) とするネストし…

好きなプログラミング言語の好きなところについて思った

改めて最近実感すること。 Haskell, Elm, Clojureほんと好き。 Scala勉強しなきゃなーと思いながらClojureを触ってしまうことが多かったのだけれど、 その理由が少しずつわかってきた。 いい言語たち いままで少しだけ触れてきたJava, Python, Scala, Goはい…

左再帰を含む構文解析むずい

やろうとしていること Haskellのparsecを使ってSMLの構文を解析し構文木を生成する。 やっていること SMLの構文解析はいろいろステップがある。 リテラル (special constants) 識別子 (identifier) 型注釈 !!イマココ!! パターンマッチ 式 宣言 モジュール構…

Haskellerの好きなところ

僕はHaskellが好き。 なんだけど、同じくらいHaskellもくもく会の常連の人達が好き。 ちょっとした型についての質問から、いつの間にかホワイトボード上で証明とか書き出して「あー、ほんとだー、そういうことかー」って言ってる感じが好き。 解らないことが…

Haskellの代数データ型をJava的なインタフェースと捉える

Haskellの代数データ型は僕にとってJavaのインタフェースに近い。 データ型がインタフェースでそのデータを受け取る関数がインタフェースのメソッドに相当する。 データをパターンマッチで分解して値コンストラクタ別の関数定義をするのは、 インタフェース…